コチョウゲンボウ(雌)

* 今度はコチョウゲンボウ(♀)が地上で小鳥を捕食中のところに遭遇しました。極めて短時間で完食した後、30分以上同じ
   場所に留まっていました。恐らく食べ終えたものが胃の中で落ち着くのを待っているように思われます。今回の雌は白い
   媚半が短かく最初に確認した方の個体のようなので未だ2羽残っているようです。

IMG_4025_20160116211219046.jpg

IMG_4028.jpg

IMG_4032.jpg

IMG_4049.jpg

IMG_4098_2016011621124310e.jpg

IMG_4158.jpg

IMG_4203.jpg

コチョウゲンボウ(雌)

* コチョウゲンボウ(♀)が一羽残っていました。電線に止まって仕留めたスズメ大の小鳥を無心に食べているところ
  でした。感心するのはコチョウゲンに限らず、ハヤブサも同様でしたが獲物を食べ終えたあとに何一つ残骸が残って
  いない事です。足の先まで綺麗に丸呑みしているようですが、よく喉に引っかからないものだなと、つまらない事に
  感心しています。


(1530ミリ)
DSC01402.jpg
(1170ミリ)
DSC01465.jpg
(1320ミリ)
DSC01523.jpg
(1320ミリ
DSC01535.jpg
(1320ミリ)
DSC01570.jpg
(1680ミリ)
DSC01724.jpg
(1680ミリ)
DSC01798.jpg
(1680ミリ)
DSC01826.jpg
(1800ミリ)
DSC01837.jpg
(1800ミリ)
DSC01849.jpg
(1680ミリ)
DSC02041.jpg
(2040ミリ) 貴重なエンゼルポーズ、残念ながらピンボケです。
DSC02190.jpg
(1470ミリ)
DSC02286_20160108091609c21.jpg
(1680ミリ)
DSC02296.jpg
(1680ミリ)
DSC02306.jpg

コチョウゲンボウ(雄)

* コチョウゲン(雄)、又出会いました。RX100のカメラ条件の確認の為、焦点距離を振って撮影中です。
  カメラに少し慣れて来た感じで、そこそこ納得できる写真が増えてきました。レンズ間クリアランスは3ミリで
  安定してきましたが、もう少し水準を振って確認継続予定です。
(1350ミリ)
DSC05398 (2)
 (1350ミリ)
DSC05401 (2)
 (1350ミリ)
DSC05430 (2)
 (1350ミリ)
DSC05478 (2)
 (1590ミリ)
DSC05672 (2)
 (1590ミリ)
DSC05683 (2)
 (1230ミリ)
DSC05800 (2)
 (1500ミリ)
DSC05917 (2)
 (1320ミリ)
DSC05938 (2)
 (1200ミリ)
DSC06069 (2)
 (1080ミリ)
DSC06097 (2)
 (1080ミリ)
DSC06098 (2)
 (1350ミリ)
DSC06397 (2)
 (1350ミリ)
DSC06412 (2)
 (1350ミリ)
DSC06415 (2)
 (1350ミリ)
DSC06417 (2)
 (1350ミリ)
DSC06418 (2)
 (1110ミリ)
DSC06366 (2)
 (1320ミリ)
DSC06477 (2)
 (1110ミリ)
DSC05348 (3)

コチョウゲンボウ(雄)

*コチョウゲンボウ(雄) (RX100で撮影) : ピント合わせはS95よりかなり難易度が高いカメラです。歩留りは現在の所
  甘目に見ても、S95の半分くらいしか無い感じですが、撮像素子は1型C-MOSセンサー採用で有効画素数が2020万画素と
  S95の2倍、秒間コマ数も最大約5倍あり軽快にシャッターが切れ、ポテンシャルの高いコンデジなので、何とか上手く使いこなし
  て歩留りを上げようとレンズ間クリアランス等の最適条件見極めで試行錯誤を繰り返しています。
 
(1440ミリ)
DSC02189.jpg
 (1440ミリ)
DSC02196.jpg
 (1380ミリ)
DSC02286.jpg
  (1380ミリ)
DSC02362.jpg
 (1020ミリ)
DSC02578.jpg
 (1020ミリ)
DSC02591.jpg
 (1020ミリ)
DSC02597.jpg
 (1410ミリ)
DSC02725.jpg
 (1380ミリ)
DSC02942.jpg
 (1710ミリ)
DSC03022.jpg
 (1710ミリ)
DSC03059.jpg
 (1500ミリ)
DSC04070.jpg
 (1260ミリ)
DSC04172.jpg
 (1770ミリ)
DSC04226.jpg
 (1290ミリ)
DSC04315_2015122120345687f.jpg
 (1260ミリ)
DSC04437.jpg
 (990ミリ)
DSC04458.jpg
 (1110ミリ)
DSC04671.jpg
 (1800ミリ)
DSC04817.jpg

コチョウゲンボウ(雄)

* 今年こそは、今年こそはと長年待っていたコチョウゲンボウの雄、ようやく地元に飛来してくれました。
  雌も二個体飛来していて撮影できました。今年はチゴハヤブサ・アカアシチョウゲンボウ・コチョウゲンボウ(雌雄)を相次いで
  見る事ができ、稀少種の猛禽類の当たり年になりました。 S95とRX100両機種で撮り、今日は整理が早く済んだS95の画像
  をUpしました。整理が済み次第RX100の方もUp予定です。

  (1050ミリ)
IMG_1328.jpg
  (1500ミリ)
IMG_1360.jpg
  (1500ミリ) 
IMG_1367.jpg
  (1050ミリ)
IMG_1417_201512211015072ca.jpg
  (1050ミリ)
IMG_1444.jpg
  (1050ミリ)
IMG_1485_20151221101519399.jpg
  (1050ミリ)
IMG_1492_20151221101525013.jpg
  (1050ミリ)
IMG_1496.jpg
  (1500ミリ)
IMG_1526 (2)
  (1050ミリ)
IMG_1581 (3)
  (1050ミリ)
IMG_1769_201512211015487b2.jpg
  (1050ミリ)
IMG_1816.jpg
  (1050ミリ)
IMG_1898_201512211016030a8.jpg
  (1050ミリ)
IMG_1982_20151221101610335.jpg
  (1260ミリ)
IMG_2061.jpg
  (1260ミリ)
IMG_2125.jpg
  (1050ミリ)
IMG_2237.jpg
 (1050ミリ)
IMG_2256.jpg
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

kohamat

Author:kohamat
(使用機材)
(Fieldscope)
2009/2月-2011/3月 ニコン ED82
2011/4月-     SWAROVSKI STM80HD
(カメラ)  
2009/ 2月-2010/3月 ニコン P5000
2010/ 4月-2011/1月 キャノン  PowerShotS90
2011/ 2月-7月    同   PowerShotS95
2011/ 8月-      同  同 S952台目
2012/10月-      同  同 S953台目  
(デジタル一眼) ニコンD300    
レンズ    シグマAPO150-500mm(F5-6.3)
2012/12月     ニコン300mm(F4)
 同        TC-14EⅡ (1.4X) 
2013/11/28 Powershot S95 4台目
2014/3/17 ニコン    D7100
2014/8/12 Powershot S95 5台目
(9/12 落下水没で使用不能)
2014/9/14 Powershot S95 6台目
2015/10/28 Powershot S95 7台目 
2015/11/05 Sony RX100 1台目

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
来訪者