カリガネ

* 一昨日、流石にもう北帰していないだろうと思いつつ、確認の意味で様子見に行ったところ、何と未だオオバンと一緒に
   いたので、もう一度撮影してきました。

NSC_3540 (2)

NSC_3652 (2)

NSC_3771 (2)

NSC_4477 (2)

NSC_4484 (2)

NSC_4496 (2)

NSC_6389 (2)

NSC_6408 (2)

NSC_4561 (2)

カリガネ

* 既に北帰行で旅立っていないのではないかと思いつつ、未だいれば最後にもう一度写真に撮っておこうと現場に行って
  みたところ、未だオオバンと一緒に何時もの場所で採餌していました。昨年ユーラシア大陸北部で生まれた若鳥が単独で
  約5か月間この地周辺で越冬した事になります。鶴、白鳥、鴨類はとっくに北帰を初めているのに、この子は自分の行くべき
  場所が分かっているのか心配になります。近々本能に導かれて北帰し無事仲間と合流できることを祈るばかりです。

NSC_0820 (3)

NSC_0834 (2)

NSC_0844 (2)

NSC_0895 (2)

NSC_0899 (2)

NSC_0946 (2)

NSC_0991 (2)

カリガネ

* コハクチョウの北帰行が始まったそうです。昨年11月より長期滞在中のカリガネもそろそろカウントダウンに入っているのでしょう。
  昨年飛来直後より額の白い部分が少しだけ大きくなっていました。

NSC_3928 (2)

NSC_3941 (2)

NSC_3951 (2)

NSC_3963 (2)

NSC_4080 (2)

カリガネ

* 珍鳥カリガネ、島根県で数千羽のマガンの群れの中に数羽混じっているカリガネを見つけ出すという途方もない作業からすれば、近場でしかもこんな近距離で撮影できるのは夢のような出来事です。今年2月にも香川県で同様の撮影をしています。

DSC02385 (2)

DSC02449 (2)

DSC02545 (2)

DSC02724 (2)

DSC02727 (2)

DSC02911 (2)

DSC02973 (2)

DSC03190 (2)

DSC03296 (2)

DSC04018 (2)

DSC02793 (2)

DSC02829 (2)

カリガネ


* マガンよりやや小型で、ピンク色の嘴と黄色いアイリングが印象的です。至近距離で撮れてラッキーでした。

IMG_5261 (2)

IMG_5504 (2)

IMG_5531 (2)

IMG_5560 (2)

IMG_5655 (2)

IMG_5669 (2)

IMG_5700 (2)

IMG_5737 (2)

IMG_5753 (2)

IMG_5841 (2)

NSC_8814 (2)

NSC_8870 (2)

NSC_8877 (2)
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

kohamat

Author:kohamat
(使用機材)
(Fieldscope)
2009/2月-2011/3月 Nikon ED82
2011/4月-     SWAROVSKI STM80HD
(カメラ)  
2009/ 2月-2010/3月  Nikon P5000
2010/ 4月-2011/1月  キャノン  PowerShotS90
2011/ 2月-7月     同   PowerShotS95
2011/ 8月-      同  同 S952台目
2012/10月-      同  同 S953台目  
(デジタル一眼) Nikon D300    
レンズ    シグマAPO150-500mm(F5-6.3)
2012/12月     Nikon 300mm(F4)
 同        TC-14EⅡ (1.4X) 
2013/11/28 Powershot S95 4台目
2014/3/17 Nikon   D7100
2014/8/12 Powershot S95 5台目
(9/12 落下水没で使用不能)
2014/9/14 Powershot S95 6台目
2015/10/28 Powershot S95 7台目 
2015/11/05 Sony RX100 1台目
2017/6/14 Nikon D500
2019/6/15 Nikon 500mm (f5.6)

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
来訪者