カワウ (バフ変個体)

* すぐ近くの池に白っぽいカワウがいると教えて頂き、急遽覗きに行ったところタイミング良く10羽程の群れが
   陸地で休息中、その中に白っぽいのが一羽混じっていました。純白赤目のアルビノではなくバフ変個体
   のようです。

IMG_4075_201508262200391c7.jpg

IMG_3812_20150826220015644.jpg

IMG_3720.jpg

IMG_3670.jpg

IMG_3563_20150826215949d58.jpg

IMG_3706.jpg

IMG_4020.jpg

IMG_3950_20150826220021a77.jpg

DSC_3323.jpg

DSC_3330.jpg

カワウ

* 自宅裏の池で休息中の繁殖期に入ったカワウ。


D30_6881.jpg

D30_6896.jpg

カワウ

* この写真、何か違和感を感じられませんか? 良く通る道にある灌漑用の池ですが、いつものように通りかかると 
  カワウが大きな獲物を飲み込むのに四苦八苦しているように見えたので車を止めて見ると、羽をバタつかせている
  のに前進しない、変だなと思って更に良く見ると池に張られた漁網に引っかかっている事が分かりました。何とか
  してやらないとこのままでは体力を使いはたして死んでしまうのは明らか、そこで意を決して池に降り、漁網を
  たぐりよせて軍手をはいた左手で鵜を掴み右手で漁網をほどこうとしても首にぐるぐる巻きになった強い繊維は
  どうしようもない。そこで一旦鵜を手から離してすぐ前の民家に行き事情を話して鋏を借用して首に巻き付いた
  網を3か所程切断なんとか無事救出する事ができました。(生きた鵜を触るのは初めての体験です)


D30_5772 (2)

* 助けてえと叫んでは頭が水中に沈んでしまう
D30_5773 (2)

* 救出後1時間程して帰りに覗くと対岸で休息中。体力が回復すれば元気に飛び立ってくれる事でしょう。
D30_5786 (2)

カワウ

(1050ミリ) カワウ祭り
ものすごい数のカワウが集まっていました。写真はその一部分でしかありません。
冬鳥のタヒバリが十羽ほどの群れで田圃で餌をついばんでいました。
お気に入りのヨシガモは昨日より少し近い距離で撮れました。
  




IMG_1912カワウ

カワウ

撮影:2010.08.27  焦点距離 1330ミリ
このカワウ、少し色が変ですね。最初は光線の関係かなと思ってしばらく観察しましたが、
近くに近寄って来た際にもほぼ同じ色あいをしていました。もしかして若鳥かな・・・?
被写体との距離が100メートル前後あり、鮮明な画質ではありませ。(ノトリミング)
もう一羽の方は通常の黒色でした。(次の写真)

IMG_1187カワウ茶
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

kohamat

Author:kohamat
(使用機材)
(Fieldscope)
2009/2月-2011/3月 Nikon ED82
2011/4月-     SWAROVSKI STM80HD
(カメラ)  
2009/ 2月-2010/3月  Nikon P5000
2010/ 4月-2011/1月  キャノン  PowerShotS90
2011/ 2月-7月     同   PowerShotS95
2011/ 8月-      同  同 S952台目
2012/10月-      同  同 S953台目  
(デジタル一眼) Nikon D300    
レンズ    シグマAPO150-500mm(F5-6.3)
2012/12月     Nikon 300mm(F4)
 同        TC-14EⅡ (1.4X) 
2013/11/28 Powershot S95 4台目
2014/3/17 Nikon   D7100
2014/8/12 Powershot S95 5台目
(9/12 落下水没で使用不能)
2014/9/14 Powershot S95 6台目
2015/10/28 Powershot S95 7台目 
2015/11/05 Sony RX100 1台目
2017/6/14 Nikon D500

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
来訪者