謹賀新年

* 明けましておめでとうございます。2015年も沢山の人々に当blog【野鳥たちに乾盃】にアクセス頂き厚くお礼申し上げます。
   ありがとうございました。引き続き2016年もお付き合いのほど、よろしくお願い致します。
   2015年に初めて出会った野鳥たちは、コチョウゲンボウ♂・ギンムクドリ雌雄・カナダヅル・ケアシノスリ・アメリカコガモ・
   ニシオジロビタキ・チフチャフ・ユキホオジロ・ソデグロヅル(幼鳥)・コシャクシギ・ヨナクニカラスバト・リュウキュウキンバト・
   ミフウズラ・ヤイロチョウ・アネハヅル・ショウドウツバメ・チゴハヤブサ・アカアシチョウゲンボウです。中でも特に強く思い出
   に残っているのはヤイロチョウです。
   (ちなみに、2009年2月からBWを開始し、2015年12月31日現在、撮影できた野鳥の種類は国内のみで322種になりました。)
  
 IMG_5956 (3)mblog年賀

ハヤブサ

* フィールドで偶然出会った鳥友さんと立ち話をしているところに突然すぐ後ろの電柱にハヤブサが飛来し、仕留めてきた
   獲物を食べ始めたので、大急ぎで撮影を始めました。(今回は少し強めにシャープネスをかけています。)

 (1530ミリ)
DSC08983.jpg
 (1320ミリ)
DSC09009.jpg
 (1320ミリ)
DSC09018.jpg
 (1230ミリ)
DSC09037.jpg
 (1230ミリ)
DSC09039.jpg
 (1230ミリ)
DSC09040.jpg
 (1410ミリ)
DSC09074.jpg
 (1410ミリ)
DSC09076.jpg
 (1410ミリ)
DSC09109.jpg
(1560ミリ) 
DSC09141.jpg
 (1500ミリ)
DSC09273.jpg
 (1620ミリ)
DSC09839.jpg
 (1710ミリ)
DSC09519.jpg

ルリビタキ

* ルリビタキ(♂)  機材: RX100

 (1320ミリ)
DSC00011.jpg
 (1320ミリ)
DSC00064.jpg
 (1320ミリ)
DSC00072.jpg
 (1320ミリ)
DSC00088.jpg
 (1320ミリ)
DSC00104.jpg
 (1260ミリ)
DSC09904.jpg
 (1110ミリ)
DSC09918.jpg
 (1110ミリ)
DSC09949.jpg
 (1110ミリ)
DSC09956.jpg
 (1110ミリ)
DSC09960.jpg
 (1110ミリ)
DSC09963.jpg
 (1410ミリ)
DSC09974.jpg

ニシオジロビタキ

* ニシオジロビタキが2年続けて飛来。恐らく前シーズンに飛来していた個体と同一個体だと思われます。
  あんな小さな体に高性能のGPSに匹敵する能力が備わっていて特定のピンポイントの位置を探り当てて
  自力で戻って来るのは驚きと感動です。正に超能力の持ち主ですね。 

 (1260ミリ)
DSC08068.jpg
 (1260ミリ)
DSC08070.jpg
 (1230ミリ)
DSC08152.jpg
 (1230ミリ)
DSC08163.jpg
 (1230ミリ)
DSC08171.jpg
 (1230ミリ)
DSC08206.jpg
 (1230ミリ)
DSC08217.jpg
 (1230ミリ)
DSC08224.jpg
 (1230ミリ)
DSC08228.jpg
 (1080ミリ)
DSC08257.jpg
 (1080ミリ)
DSC08268.jpg
 (1080ミリ)
DSC08327.jpg
 (2070ミリ)
DSC08348.jpg
 (1380ミリ)
DSC08369.jpg
 (1380ミリ)
DSC08372.jpg
 (1080ミリ)
DSC08602.jpg
 (1080ミリ)
DSC08616.jpg

オシドリ

* オシドリ、RX100で撮影。左上に焦点距離記載。
 (1530ミリ)
DSC06797.jpg
 (1530ミリ) 
DSC06808.jpg
 (1260ミリ)
DSC07022.jpg
 (1260ミリ)
DSC07031.jpg
 (1500ミリ)
DSC07087.jpg
 (2100ミリ)
DSC07201.jpg
 (1290ミリ)
DSC07388.jpg
 (1290ミリ)
DSC07408.jpg
 (1290ミリ)
DSC07414.jpg
 (1290ミリ)
DSC07438.jpg
 (1530ミリ)
DSC07504.jpg
 (1530ミリ)
DSC07517.jpg
 (1530ミリ)
DSC07519.jpg
 (1530ミリ)
DSC07574.jpg
 (1530ミリ)
DSC07613.jpg
 (1530ミリ)
DSC07617_201512262210509a1.jpg
 (1530ミリ)
DSC07629.jpg
 (1530ミリ)
DSC07638.jpg
 (1500ミリ)
DSC07664.jpg 
 (1500ミリ)
DSC07860.jpg

コチョウゲンボウ(雄)

* コチョウゲン(雄)、又出会いました。RX100のカメラ条件の確認の為、焦点距離を振って撮影中です。
  カメラに少し慣れて来た感じで、そこそこ納得できる写真が増えてきました。レンズ間クリアランスは3ミリで
  安定してきましたが、もう少し水準を振って確認継続予定です。
(1350ミリ)
DSC05398 (2)
 (1350ミリ)
DSC05401 (2)
 (1350ミリ)
DSC05430 (2)
 (1350ミリ)
DSC05478 (2)
 (1590ミリ)
DSC05672 (2)
 (1590ミリ)
DSC05683 (2)
 (1230ミリ)
DSC05800 (2)
 (1500ミリ)
DSC05917 (2)
 (1320ミリ)
DSC05938 (2)
 (1200ミリ)
DSC06069 (2)
 (1080ミリ)
DSC06097 (2)
 (1080ミリ)
DSC06098 (2)
 (1350ミリ)
DSC06397 (2)
 (1350ミリ)
DSC06412 (2)
 (1350ミリ)
DSC06415 (2)
 (1350ミリ)
DSC06417 (2)
 (1350ミリ)
DSC06418 (2)
 (1110ミリ)
DSC06366 (2)
 (1320ミリ)
DSC06477 (2)
 (1110ミリ)
DSC05348 (3)

コチョウゲンボウ(雄)

*コチョウゲンボウ(雄) (RX100で撮影) : ピント合わせはS95よりかなり難易度が高いカメラです。歩留りは現在の所
  甘目に見ても、S95の半分くらいしか無い感じですが、撮像素子は1型C-MOSセンサー採用で有効画素数が2020万画素と
  S95の2倍、秒間コマ数も最大約5倍あり軽快にシャッターが切れ、ポテンシャルの高いコンデジなので、何とか上手く使いこなし
  て歩留りを上げようとレンズ間クリアランス等の最適条件見極めで試行錯誤を繰り返しています。
 
(1440ミリ)
DSC02189.jpg
 (1440ミリ)
DSC02196.jpg
 (1380ミリ)
DSC02286.jpg
  (1380ミリ)
DSC02362.jpg
 (1020ミリ)
DSC02578.jpg
 (1020ミリ)
DSC02591.jpg
 (1020ミリ)
DSC02597.jpg
 (1410ミリ)
DSC02725.jpg
 (1380ミリ)
DSC02942.jpg
 (1710ミリ)
DSC03022.jpg
 (1710ミリ)
DSC03059.jpg
 (1500ミリ)
DSC04070.jpg
 (1260ミリ)
DSC04172.jpg
 (1770ミリ)
DSC04226.jpg
 (1290ミリ)
DSC04315_2015122120345687f.jpg
 (1260ミリ)
DSC04437.jpg
 (990ミリ)
DSC04458.jpg
 (1110ミリ)
DSC04671.jpg
 (1800ミリ)
DSC04817.jpg

コチョウゲンボウ(雄)

* 今年こそは、今年こそはと長年待っていたコチョウゲンボウの雄、ようやく地元に飛来してくれました。
  雌も二個体飛来していて撮影できました。今年はチゴハヤブサ・アカアシチョウゲンボウ・コチョウゲンボウ(雌雄)を相次いで
  見る事ができ、稀少種の猛禽類の当たり年になりました。 S95とRX100両機種で撮り、今日は整理が早く済んだS95の画像
  をUpしました。整理が済み次第RX100の方もUp予定です。

  (1050ミリ)
IMG_1328.jpg
  (1500ミリ)
IMG_1360.jpg
  (1500ミリ) 
IMG_1367.jpg
  (1050ミリ)
IMG_1417_201512211015072ca.jpg
  (1050ミリ)
IMG_1444.jpg
  (1050ミリ)
IMG_1485_20151221101519399.jpg
  (1050ミリ)
IMG_1492_20151221101525013.jpg
  (1050ミリ)
IMG_1496.jpg
  (1500ミリ)
IMG_1526 (2)
  (1050ミリ)
IMG_1581 (3)
  (1050ミリ)
IMG_1769_201512211015487b2.jpg
  (1050ミリ)
IMG_1816.jpg
  (1050ミリ)
IMG_1898_201512211016030a8.jpg
  (1050ミリ)
IMG_1982_20151221101610335.jpg
  (1260ミリ)
IMG_2061.jpg
  (1260ミリ)
IMG_2125.jpg
  (1050ミリ)
IMG_2237.jpg
 (1050ミリ)
IMG_2256.jpg

ミサゴ

* 電柱止まりのミサゴをRX100で撮りました。 全画像トリミングをしていますが、左上に撮影時の焦点距離を記載しています。

 (1260ミリ)
DSC05140.jpg

 (870ミリ)
DSC05159.jpg

 (870ミリ)
DSC05166.jpg

 (870ミリ)
DSC05167.jpg

 (1620ミリ)
DSC05184.jpg

 (1800ミリ)
DSC05200.jpg

 (1020ミリ)
DSC05235.jpg

オシドリ(一枚)とルリビタキ(♀タイプ)

* オシドリのポイントに立ち寄りましたが、撮れる場所にいたのはこの1ペアのみ、早々に撮影を断念してルリビタキ探しに
  切り替え別の場所に移動。出会えたのは♀タイプ二羽でした。美しい♂成鳥との出会いはお預けです。

DSC01602.jpg

DSC01725.jpg

DSC01759.jpg

DSC01768.jpg

DSC01773.jpg

DSC01817.jpg

DSC01821.jpg

DSC01836.jpg

DSC01855.jpg

DSC01861.jpg

DSC01916.jpg

DSC01791.jpg

ミヤマホオジロ

* 少しでも人の気配を感じ取るとたちまち山の奥に姿を消してしまう神経質な鳥ミヤマホオジロ、三度目にして
  ようやくシャッターを切らせてもらえました。

DSC01024.jpg

DSC01051.jpg

DSC01072.jpg

DSC01074.jpg

DSC01133.jpg

DSC01144.jpg

チョウゲンボウ

* 今日も午後から二時間ほどぶらりと猛禽探しをしましたが、出会えたのはノスリ2個体、チョウゲンボウ2個体でした。
   昨日のコチョウゲンボウのいた場所も行ってみましたが今日は姿は確認できずでした。
(撮影: RX100 1500ミリ)
DSC00961.jpg

DSC00965.jpg

DSC00970.jpg

DSC00973.jpg

DSC00979.jpg

ノスリ

 * 冒頭一枚目のノスリは二枚目以降とは別個体です。

DSC00656.jpg

DSC00723.jpg

DSC00751.jpg

DSC00770.jpg

DSC00776.jpg

コチョウゲンボウ

* コチョウゲンボウ♀、今日この個体と三度目の遭遇になりました。カワセミでも撮ろうと目的の池に向かう途中、
  チョウゲンボウだと思って一旦通過したのですが、結構撮りやすそうな場所にいたので、思い直して引き返し
  双眼鏡で確認して見ると想定外のコチョウゲン、こうなればカワセミどころでは無くなり大急ぎで機材をセットして撮影開始、
  途中に何度か飛びましたが、車で追跡可能な範囲だったので、結構長時間見る事ができラッキーな出会いになりました。

DSC00003.jpg

DSC00009.jpg

DSC00031.jpg

DSC00061.jpg

DSC00123.jpg

DSC00132.jpg

DSC00272.jpg

DSC00300.jpg

DSC00142.jpg

DSC00170.jpg

DSC00210.jpg

DSC00250.jpg

ホオジロハクセキレイ

* ホオジロハクセキレイ、どう見ても11月25日に8 km強離れた場所で撮った個体と同一個体のようです。
   実はこの個体、昨日も1km程東の田圃で見かけていますので、結構広範囲に動き回っているようです。

DSC09303.jpg

DSC09306.jpg

DSC09383.jpg

DSC09466.jpg

DSC09439.jpg

DSC09393.jpg

ツグミ

* RX100はどんな絵を出してくれるのか、種々条件を振って確認中ですが、望遠側は従来のS95より優れていて2000ミリ位
   まではあまり違和感なく使えそうな感触です。ご覧頂いた感じはいかがでしょうか?

 (1470ミリ)
DSC08647.jpg

 (960ミリ)
DSC08661.jpg

 (960ミリ)
DSC08664.jpg

ジョウビタキ


 (1050ミリ)
DSC08404.jpg

 (1110ミリ)
DSC08445.jpg

 (1470ミリ)
DSC08463.jpg

 (1650ミリ
DSC08504.jpg

 (1470ミリ)
DSC08573.jpg

 (1290ミリ)
DSC08599.jpg

 (1290ミリ)
DSC08435.jpg

ノスリ

 (1080ミリ)
DSC08142.jpg

 (840ミリ)
DSC08147.jpg

 (840ミリ)
DSC08153.jpg

 (840ミリ)
DSC08158.jpg

 (840ミリ)
DSC08188 (m)

 (840ミリ)
DSC08197.jpg

 (840ミリ
DSC08188.jpg

 (1410ミリ)
DSC08166.jpg

オオハシシギ

* 150m先(googleで計測)にいるオオハシシギを焦点距離を変えて撮ってみました。トリミングしていますので、被写体の
   大きさではなく、画像の解像感を見比べてみて下さい。
 (2100ミリ)
DSC08114.jpg

 (1500ミリ)
DSC08119.jpg

 (1050ミリ)
DSC08129.jpg

モズ

* 各画像の上に35ミリ換算の焦点距離を記載しています。 
 (1680ミリ)
DSC07872.jpg

 (1680ミリ)
DSC07873.jpg

 (1110ミリ)
DSC07882.jpg

ツクシガモ - (2)

* 一羽だったツクシガモ、翌日は15羽に増えていました。こんなにまとまった個体数を見れるのは幸運です。
  15羽の中に二倍くらいはあろうかと思うほど飛びぬけて大きな体格の個体がいて、嘴の赤味、頭部の光沢も
  一段と美しいのに気づき、後半はこの個体を重点的に撮りました。

DSC07473.jpg

DSC07476.jpg

DSC07482.jpg

DSC07617.jpg

DSC07642.jpg

 * 一番近くにいた個体ですが、幼鳥のようです。
DSC07679.jpg

DSC07705.jpg

DSC07753.jpg

DSC07772.jpg

DSC07813.jpg

オジロトウネン


DSC07328.jpg

DSC07332.jpg

DSC07336.jpg

コチョウゲンボウ

* 前日は電線に止まっていたコチョウゲン(♀)、翌日は田圃の畦で発見しましたが、今回も光線がイマイチでした。

DSC06951.jpg

DSC06986.jpg

DSC06989.jpg

DSC07099.jpg

DSC07106.jpg

コチョウゲンボウ

* 昨日撮影のコチョウゲンボウ♀、前回は2013年にこの場所近くの田圃で撮影していますが、今回は電線止まりで、光線の
   条件も悪く良い写真が撮れていません。(PCで少し強めの露出補正をしてます。)



DSC06837.jpg

DSC06846.jpg

DSC06869.jpg

DSC06892.jpg

DSC06904.jpg

DSC06909.jpg

DSC06925.jpg

ツクシガモ

DSC06675.jpg

DSC06678.jpg

DSC06700.jpg

DSC06736.jpg

ヨシガモ

* 好きな鴨、No.1のヨシガモです。大きな池に20羽強、入っていましたが、駐車スペース確保に苦労します。

DSC06490.jpg

DSC06537.jpg

DSC06549.jpg

DSC06562.jpg

DSC06570.jpg

DSC06574.jpg

DSC06576.jpg

DSC06617.jpg

イカルチドリ

* イカルチドリ、今シーズンもいつものポイントに戻ってきました。

DSC06173.jpg

DSC06193.jpg

DSC06209.jpg

カワアイサ

(病気のこと)
* 本日は免血内科の月一の定期検査日。昨年7月に発症した成人Still病(膠原病の一種)ずっとステロイド(ブレドニン)の投薬
   治療を続けてきました。副作用のキツイ薬なので一刻も早い離脱を目標に漸減離脱を進めて来ましたが、検査データー
   がずっと安定しているので、主治医より明日からゼロにしようと待ちに待ったゼロ宣言がありました。離脱の副作用が少し  
   心配ですが、ほっと一息です。今年難病に指定されたStill病ですが、思いのほか早く薬から離脱でき幸運です。
   以降数か月再燃が無ければ次は寛解宣言です。

* 本来の野鳥写真に戻りますが、ようやくミコアイサの群れが飛来しました。群れの中にカワアイサも混じっていました。
  今日、たくさんの写真をUpしましたが、すべてRX100で撮影したものです。当面はCanon S95を封印して早くRXを使い
  こなしたいと思っています。

DSC05781.jpg

DSC05934.jpg

ミコアイサ


DSC05569.jpg

DSC05471.jpg

DSC05766.jpg

DSC05764.jpg

DSC05784.jpg

DSC05963.jpg

ルリビタキ

* 今シーズン初見です。

DSC05360.jpg

DSC05377.jpg

DSC05404.jpg
カレンダー
11 | 2015/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

kohamat

Author:kohamat
(使用機材)
(Fieldscope)
2009/2月-2011/3月 ニコン ED82
2011/4月-     SWAROVSKI STM80HD
(カメラ)  
2009/ 2月-2010/3月 ニコン P5000
2010/ 4月-2011/1月 キャノン  PowerShotS90
2011/ 2月-7月    同   PowerShotS95
2011/ 8月-      同  同 S952台目
2012/10月-      同  同 S953台目  
(デジタル一眼) ニコンD300    
レンズ    シグマAPO150-500mm(F5-6.3)
2012/12月     ニコン300mm(F4)
 同        TC-14EⅡ (1.4X) 
2013/11/28 Powershot S95 4台目
2014/3/17 ニコン    D7100
2014/8/12 Powershot S95 5台目
(9/12 落下水没で使用不能)
2014/9/14 Powershot S95 6台目
2015/10/28 Powershot S95 7台目 
2015/11/05 Sony RX100 1台目

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
来訪者