トモエガモ

* 地元では珍しいトモエガモ、今年に入り二か所の池で遭遇です。♂3羽・♀5羽で8羽の群れでした。

NSC_3377 (2)

NSC_3462 (2)

NSC_3591 (2)

NSC_3686 (2)

NSC_3785 (2)

NSC_4523 (2)

NSC_4488 (2)

NSC_4378 (2)

NSC_3983 (2)

NSC_4160 (2)

ツメナガセキレイ

* 足場が見苦しいですが、餌の関係でこういう場所に集まる習性という事で、少し我慢して見て頂ければと思います。ツメナガセキレは前回2012年11月にアップして以来なので8年ぶりになります。兵庫県ではまず見る事ができないセキレイさんです。

NSC_8828 (2)

NSC_8920 (2)

NSC_9458 (2)

ナベヅル & マナヅル

* 九州で越冬中の鶴たち、そろそろ北帰行が始まっているのではないでしょうか? この二種は長崎の中央干拓で撮影したものです。

NSC_8267 (2)

NSC_7528 (2)

NSC_7530 (2)

NSC_8206 (2)

NSC_8232 (2)

NSC_7538 (2)

NSC_7548 (2)

NSC_8461 (2)

NSC_8588 (2)

NSC_8590 (2)

キレンジャク

* 関西では滅多に見れないキレンジャクの連絡を頂き現地へ行きました。キレンジャクばかり13羽の群れでしたが、前日は倍の30羽くらいの数がいたらしい。レンジャクの倍くらいの多くのバーダーさんが押しかけていました。

NSC_1349 (2)

NSC_0993 (2)

NSC_1000 (2)

NSC_1160 (2)

NSC_1282 (3)

NSC_1564 (2)

NSC_1354 (2)

ヘラサギ

* 干拓の1メートル程の狭い水路で3羽のヘラサギが採餌中。20~30メートル程の至近距離から撮らせてもらえました。

NSC_0088 (2)

NSC_0103 (2)

NSC_0105 (2)

NSC_0150 (2)

NSC_0243 (2)

NSC_0257 (2)

NSC_0330 (2)

NSC_0340 (2)

NSC_0367 (2)

NSC_0470 (2)

NSC_9991 (2)

チュウヒ&ハイイロチュウヒ

* 7枚の写真中、最初の3枚がチュウヒ、後の4枚がハイイロチュウヒだと思われます。


NSC_0647 (2)

NSC_0714 (2)

NSC_0784 (2)

NSC_9585 (2)

NSC_9682 (2)

NSC_9664 (2)

NSC_9617 (2)

タカサゴモズ


* タカサゴモズが初めて撮れました。遠くの電線に止まっているのを発見し、車の中でじっとまっていると幸運にも15~20m程の目に前に降りてくれました。諫早干拓での撮影です。

NSC_9129 (2)

NSC_9043 (2)

NSC_9153 (2)

NSC_9157 (2)

NSC_9174 (2)

NSC_9182 (2)

NSC_9193 (2)

NSC_9239 (2)

NSC_9264 (2)

NSC_9314 (2)

ロクショウヒタキ

* 長崎在住の息子が結婚を機に昨年末に転居したので、お宅拝見で長崎訪問が決まっていたところに、超珍鳥情報を頂いたので、16日に長崎空港から長崎自動車道を使って急遽現地へ直行し、何とか撮影することができました。Netで簡単に調べたところ、過去に、石垣島・与那国島・下甑島での飛来が確認されており、2018年の下甑島は九州本島での初飛来確認(雌)だったそうですが、今回は更に美しい(雄)の飛来確認という事で、これも本島初になるようです。

NSC_6746 (2)

NSC_6789 (2)

NSC_6790 (2)

NSC_6967 (2)

NSC_7001 (2)

NSC_7053 (2)

NSC_7097 (2)

NSC_7117 (2)

NSC_7256 (2)

NSC_7342 (2)

NSC_7370 (2)

NSC_7387 (2)

NSC_7422 (2)

トモエガモ

* 近場ではほとんど見る事が出来ないトモエガモの一報が入り現地に直行、複数羽が飛び、残ったのは雌雄合わせて5羽だけでした。但し被写体との距離は物凄く遠い。

NSC_5679 (2)

NSC_5920 (2)

NSC_5925 (2)

NSC_5727 (2)

NSC_5735 (2)

NSC_5758 (2)

NSC_6056 (2)

NSC_6105 (2)

NSC_6146 (2)

NSC_6148 (2)

オジロビタキ

* 今回の個体はニシオジロビタキではなく、オジロビタキだそうです。識別難しく私個人では判断できかねます。

NSC_4654 (2)

NSC_4742 (2)

NSC_4743 (2)

NSC_4748 (2)

NSC_4751 (2)

アリスイ

* 久しぶりのアリスイです。現地滞在4時間でチャンスはたった一回それも3分だけでした。

DSC06895 (2)

DSC07040 (2)

DSC07042 (2)

ミコアイサ

* いつも素通りして見ていなかった池、何年かぶりにそろっと覗いて見ると、目の前に50羽以上のミコアイサの群れ、驚かせないよう、小さく身をかがめて、撮らせてもらいました。

NSC_1622 (2)

NSC_1625 (2)

NSC_1693 (2)

NSC_2182 (2)

NSC_1645 (3)

NSC_1894 (2)

NSC_2050 (2)

NSC_2107 (2)

NSC_2290 (2)

NSC_4033 (2)

ハマシギ

* すっかり冬羽になった可愛いハマシギです。クロガモと同じ場所で撮影です。

NSC_9493 (2)

NSC_9479 (2)

NSC_9503 (2)

NSC_9675 (2)

NSC_9681 (2)

ツルシギ

* 何度目かな? ようやく赤い足が見えました。ツルシギです。

NSC_6607 (2)

NSC_6690 (2)

NSC_6691 (2)

NSC_6709 (2)

NSC_6738 (2)

コウノトリ

* 2020年最初の鳥さんは、6羽のコウノトリになりました。何か良い事が起これば良いですね。

NSC_3494 (2)

NSC_3671 (2)

NSC_3894 (2)

NSC_4056 (2)

NSC_3861 (2)

NSC_3932 (2)

NSC_3860 (2)

NSC_4079 (2)

NSC_4050 (2)

NSC_4164 (2)

NSC_4084 (2)

謹 賀 新 年


NSC_0089
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

kohamat

Author:kohamat
(使用機材)
(Fieldscope)
2009/2月-2011/3月 Nikon ED82
2011/4月-     SWAROVSKI STM80HD
(カメラ)  
2009/ 2月-2010/3月  Nikon P5000
2010/ 4月-2011/1月  キャノン  PowerShotS90
2011/ 2月-7月     同   PowerShotS95
2011/ 8月-      同  同 S952台目
2012/10月-      同  同 S953台目  
(デジタル一眼) Nikon D300    
レンズ    シグマAPO150-500mm(F5-6.3)
2012/12月     Nikon 300mm(F4)
 同        TC-14EⅡ (1.4X) 
2013/11/28 Powershot S95 4台目
2014/3/17 Nikon   D7100
2014/8/12 Powershot S95 5台目
(9/12 落下水没で使用不能)
2014/9/14 Powershot S95 6台目
2015/10/28 Powershot S95 7台目 
2015/11/05 Sony RX100 1台目
2017/6/14 Nikon D500
2019/6/15 Nikon 500mm (f5.6)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
来訪者