アオサギ

* どうして激しいバトルになっているのか鳥の世界の事情は分かりませんが、凄まじい戦いでした。最終的に一羽が逃げ出し決着しました。


NSC_4051 (2)

NSC_4055 (2)

NSC_4057 (2)

NSC_4060 (2)

NSC_4061 (2)

NSC_4062 (2)

NSC_4064 (2)

NSC_4065 (2)

NSC_4066 (2)

NSC_4067 (2)

アカアシカツオドリ、

* アカアシカツオドリが抜けてしまったとの事なので4種類いたカモメを撮ろうと出かけた所、何とアカアシカツオドリが戻ってきており、予想外の嬉しい展開になりました。今回は何とか飛翔も撮れました。 カモメ4種の撮影はまた次回。

NSC_3059 (2)

NSC_3130 (2)

NSC_3204 (2)

NSC_3355 (2)

NSC_2818 (2)

NSC_2800 (2)

NSC_2808 (2)

NSC_2809 (2)

NSC_2810 (2)

NSC_2813 (2)

アカアシカツオドリ


* アカアシカツオドリの飛来情報を頂き、3月25.26日と2回現地に行きましたが、セグロカモメの群れの中で蹲っているだけで飛翔場面には出会えずでした。聞くところでは昨日・今日と姿が見えないとの事で、既に移動してしまった可能性が大です。

NSC_1600 (2)

NSC_1752 (2)

NSC_2064 (2)

NSC_2444 (2)

NSC_2504 (2)

NSC_1846 (2)

NSC_1861 (2)

NSC_1902 (2)

オガワコマドリ

* 二回目の現地訪問でようやく出会えました。当日は鳥の出が悪く昼過ぎに到着し朝から来られていたバーダーに聞くところでは9時半を最後に、以降まる3時間出ていないとの事で、やれやれ今日も空振りかと待つこと2時間、2時半過ぎにようやく姿を見せてくれました。しかしシャッターを押せたのは、わずか1分のみ。それからさらに待つこと1時間、3時半過ぎにようやく本日二回目の姿を確認するも、今回は2分間のみ。駐車場の閉まる時間ギリギリまで待つも、現れず4時20分に撤収しました。


NSC_0416 (2)

NSC_0467 (2)

NSC_0469 (2)

NSC_0563 (2)

NSC_0550 (2)

NSC_0568 (2)

NSC_0610 (2)

NSC_0655 (2)

NSC_0665 (2)

カワガラス

* 毎年飽きもせず同じ時期に同じ事を繰り返しています。今年もカワガラスの雛が誕生しています。早くも雛が飛び出している巣もあるようですが、この場所は未だ親鳥が頻繁に巣穴に餌を運んでいる状況ですが、巣立ちは間もなくだと思われます。

NSC_7773 (2)

NSC_7784 (2)

NSC_7793 (2)

NSC_7907 (2)

NSC_7963 (2)

NSC_8019 (2)

NSC_8044 (2)

ヤドリギツグミ

* 6年ぶりにヤドリギツグミの飛来情報を頂きプチ遠征しました。情報を頂いてから20程経過しており、既に抜けてしまっているのではとの一抹の不安を抱きながら現地訪問しましたが、教えて頂いたMCピッタリの位置に姿を確認できホット胸を撫でおろした次第。

NSC_3880 (2)

NSC_4165 (2)

NSC_5617 (2)

NSC_5725 (2)

NSC_5976 (2)

NSC_6031 (2)

NSC_6498 (2)

NSC_6822 (2)

NSC_6720 (2)

NSC_6822 (2)

NSC_6860 (2)

NSC_6990 (2)

NSC_7213 (2)

NSC_7318 (2)

NSC_7430 (2)

シメ

* 久しぶりにシメを見ました。頭部の色合いが美しいので♂のようです。

NSC_5550 (2)

NSC_5555 (2)

NSC_5565 (2)

NSC_5573 (2)

NSC_5541 (2)

アメリカコガモ

* 数羽の小さなコガモの群れの中に側胸に白い縦線が入った珍しいアメリカコガモが一羽混じっていました。

NSC_4702 (2)

NSC_4801 (2)

NSC_4819 (2)

NSC_4903 (2)

NSC_5218 (2)

NSC_5219 (2)

NSC_5221 (2)

NSC_5335 (2)

NSC_5470 (2)

NSC_5483 (2)

ノハラツグミ

* 7年ぶりにノノハラツグミに出会えましたが(2回目)、今回は距離が遠く・光線も厳しい環境でイマイチの撮影結果で終わりましたが、出会てラッキーでした。

NSC_1839 (2)

NSC_1891 (2)

NSC_1909 (2)

NSC_1922 (2)

NSC_2015 (2)

NSC_2060 (2)

NSC_2193 (2)

NSC_2229 (2)

NSC_2262 (2)

オオカラモズ


* 以前から撮りたいと思っていたオオカラモズ、ようやく出会えました。日本で見れる最大のモズで、図鑑によればその大きさは29~30cmとなっています。

NSC_0181 (2)

NSC_0202 (2)

NSC_0727 (2)

NSC_0801 (2)

NSC_0896 (2)

NSC_1363 (2)

NSC_1370 (2)

NSC_1387 (2)

NSC_1473 (2)

NSC_1666 (2)

NSC_1782 (2)

NSC_1796 (2)

NSC_1017 (2)
カレンダー
02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

kohamat

Author:kohamat
(使用機材)
(Fieldscope)
2009/2月-2011/3月 Nikon ED82
2011/4月-     SWAROVSKI STM80HD
(カメラ)  
2009/ 2月-2010/3月  Nikon P5000
2010/ 4月-2011/1月  キャノン  PowerShotS90
2011/ 2月-7月     同   PowerShotS95
2011/ 8月-      同  同 S952台目
2012/10月-      同  同 S953台目  
(デジタル一眼) Nikon D300    
レンズ    シグマAPO150-500mm(F5-6.3)
2012/12月     Nikon 300mm(F4)
 同        TC-14EⅡ (1.4X) 
2013/11/28 Powershot S95 4台目
2014/3/17 Nikon   D7100
2014/8/12 Powershot S95 5台目
(9/12 落下水没で使用不能)
2014/9/14 Powershot S95 6台目
2015/10/28 Powershot S95 7台目 
2015/11/05 Sony RX100 1台目
2017/6/14 Nikon D500
2019/6/15 Nikon 500mm (f5.6)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
来訪者