ソウシチョウ

*ミヤマホオジロ狙いで行きましたが、出てきてくれたのはこのソウシチョウと複数羽のアオジのみでした。   

IMG_5452 (2)

IMG_5474 (2)

IMG_5483 (2)

IMG_5486 (2)

IMG_5521 (2)

IMG_5537 (2)

IMG_5651 (2)

IMG_5666 (2)

IMG_5748 (2)

IMG_5973 (2)

コウノトリ

* 昨日は午前4時半に自宅を出て、北へ約130km程プチ遠征。現地には予想していたよりもずっと早く
   6時30分に到着。しかし運悪く靄がかかっていて周辺が全く見えない為、スッキリする迄車中で待機。
   ようやく撮影できる状況になったのは10時少し前。それから探鳥を開始するも目的の3種には出会えず
   完敗。幸いコウノトリがいてくれたので、この子だけ撮影し辛うじて坊主回避で帰路につく。

NSC_9197 (2)

NSC_9049 (2)

NSC_9050 (2)

NSC_9051 (2)

NSC_9057 (2)

NSC_9060 (2)

NSC_9061 (2)

ルリビタキ

* 今日は午後から久し振りにルリビ探し、鳴き声は三か所で確認するも見れたのはこの一羽だけでした。
   推定2W程度でしょうか、来年の今頃はもう一段美しく変身していることでしょう。
   

DSC03279 (2)

DSC03287 (2)

DSC03341 (2)

DSC03350 (2)

DSC03362 (2)

DSC03367 (2)

DSC03423 (2)

DSC03426 (2)

セキレイ(白変)

* セグロセキレイなのかハクセキレイなのか不明です。今年の2月にも良く似た個体をUpしていますが、
   別個体のようです。これで白変セキレイだけで4個体目です。(尾羽と初列風切りの一部が黒・グレー)

NSC_6062 (2)

NSC_6083 (2)

NSC_6090 (2)

NSC_6096 (2)

NSC_6097 (2)

NSC_6134 (2)

NSC_6163 (2)

NSC_6167 (2)

NSC_6182 (2)

NSC_5858 (2)

イスカ + (ナキイスカ)

* ベニヒワと一緒に撮影したイスカ。最後にデジイチで撮影したイスカ♀の画像の端に偶然ナキイスカが
   写っていたので、トリミングして最後に一枚追加しました。

IMG_2696 (2)

IMG_2782 (2)

IMG_2793 (2)

IMG_2795 (2)

IMG_2816 (2)

IMG_3227 (2)

IMG_3238 (2)

IMG_3248 (2)

IMG_3318 (2)

IMG_3323 (2)

IMG_3353 (2)

IMG_4175 (2)

IMG_4060 (2)

IMG_4187 (2)

IMG_4374 (2)

IMG_4559 (2)

IMG_4761 (2)

IMG_4797 (2)

NSC_6329 (3)

ベニヒワ

* ベニヒワを初見すべく、鳥友4名で自宅から300km強のポイントに日帰りプチ遠征。
   30~50羽程の群れが飛び回っていましたが至近距離での撮影はほとんど出来ずでした。
   大半が見上げての撮影なので、トレードマークの赤いベレー帽がうまく撮れず次回に持ち越しです。  
 

IMG_2522 (2)

IMG_2530 (2)

IMG_2534 (2)

IMG_2588 (2)

IMG_2826 (2)

IMG_2839 (2)

IMG_2940 (2)

IMG_3455 (2)

IMG_3479 (2)

IMG_3498 (2)

IMG_3501 (2)

IMG_3506 (2)

IMG_3513 (2)

IMG_3675 (2)

IMG_3968 (2)

IMG_4991 (2)

IMG_5046 (2)

IMG_5127 (2)

マガン

*東播エリアでは珍しいマガン、昨日二か所で2羽と1羽計3羽を見る事ができました。今日も同じ場所にいました。
  2羽の方の色の濃い方の個体は右目が黄色く変色しており、可愛そうですが失明しているようです。

DSC09221 (2)

DSC09247 (2)

DSC09345 (2)

NSC_5282 (2)

NSC_5304 (2)

NSC_5343 (2)

NSC_5347 (2)

NSC_5358 (2)

NSC_5315 (2)

ハイタカ

* 突然スズメの群れの中に突っ込んできたハイタカ、久々に見る事ができました。
   一瞬にしてスズメを捕まえ、50m程先の路上に降りたところを撮影しました。瞬間的な出来事なので、同じような
   写真になっています。

NSC_5425 (2)

NSC_5447 (2)

NSC_5452 (2)

NSC_5456 (2)

NSC_5465 (2)

ノスリ

* 今日は、3時半過ぎに自宅を出てのノスリ探し、何とか出会えたのですが、前回撮影した子と同一個体かも?

NSC_4560 (2)

NSC_4564 (2)

NSC_4581 (2)

NSC_4609 (2)

NSC_4694 (2)

NSC_4697 (2)

NSC_4698 (2)

NSC_4700 (2)

ニュウナイスズメ

* 西方面に猛禽の珍鳥が出ているとの事で、車に便乗させて頂いて現地に行くも、既に抜けてしまった後のようで
   その姿は発見できず。仕方無く、近くにいたニュウナイスズメを撮影して退散。

IMG_2417 (2)

IMG_2419 (2)

IMG_2425 (2)

IMG_2467 (2)

IMG_2483 (2)

IMG_2499 (2)

キジ

* 繁殖期はとっくに過ぎているのに、執拗に雌を追いかけまわして、求愛行動をする変な雄。
   換羽中らしく、尾羽が十分に伸び切っていない状態。

NSC_3067 (2)

NSC_3052 (2)

NSC_3025 (2)

NSC_3043 (2)

NSC_3039 (2)

NSC_3099 (2)

NSC_3111 (2)

NSC_3115 (2)

チョウゲンボウ

* 一昨日、久々にチョウゲンボウ♂を見かけました。昨日撮った♀と一緒にUpしました。

NSC_2957 (3)

NSC_2966 (2)

NSC_2967 (2)

NSC_2968 (2)

NSC_3166 (2)

NSC_3244 (2)

NSC_3212 (2)

ノスリ

* 昨日、ノビタキ探しをしていて偶然見つけたノスリです。留鳥として北海道・本州中部以北・四国の低山から亜高山帯
   の森林で繁殖となっていますが、blog等でノスリの営巣写真はお目にかからないですね。

DSC06988 (2)

DSC07005 (2)

DSC07034 (2)

NSC_2882 (2)
NSC_2899 (2)

NSC_2914 (2)

NSC_2921 (2)

NSC_2931 (2)

NSC_2933 (2)

NSC_2942 (2)

NSC_2943 (2)

NSC_2807 (2)

NSC_2808 (2)

ツツドリ

* 昨日も枝被りしか撮らせてもらえず、なかなかスッキリした場所に出てくれません。


DSC06763 (2)

DSC06913 (2)

DSC06917 (2)

DSC06772 (2)

DSC06948 (2)

DSC06970 (2)

アメリカウズラシギ

* 今シーズンは珍しいシギチ類が相次いで飛来。ハジロコチドリ・ヨーロッパトウネンに続き、今回は3年ぶりに
   アメリカウズラシギ、前回は2個体飛来していましが、今回は一個体のみ、ご一報頂いた○○さんに御礼
   申し上げます。

DSC05272 (2)

DSC06346 (2)

DSC04616 (2)

DSC06255 (2)

DSC05688 (2)

DSC06490 (2)

NSC_2455 (2)

NSC_2623 (2)

DSC06380 (2)

NSC_2725 (2)

NSC_2735 (2)

NSC_2754 (2)

ツツドリ

*一時間半ほど座り込んで、ようやく二羽のツツドリが撮れました。

DSC03727 (2)

DSC03794 (2)

DSC03811 (2)

DSC03833 (2)

DSC03864 (2)

DSC03878 (2)

DSC03938 (2)

DSC03953 (2)

DSC03961 (2)

DSC03976 (2)

キリアイ

* 通常は、海岸・河口近辺で見かけるキリアイですが、今回は内陸部の池に飛来。珍しい出来事です。

IMG_0228 (2)

IMG_0296 (2)

IMG_0237 (2)

IMG_0358 (2)

IMG_0362 (2)

IMG_0174 (2)

IMG_0140 (2)

IMG_0149 (2)

シマアジ

* シマアジ、(エクリプス or ♀ or 幼鳥)、判別は難しいです。 

IMG_1570 (2)

IMG_1579 (2)

IMG_1602 (2)

IMG_1616 (2)

IMG_1723 (2)

IMG_1692 (2)

IMG_1702 (2)

イヌワシ

* 運よく木止まりのイヌワシに遭遇するも、被写体との距離は200m以上あり、少なくとも前回の2倍強にて今回の画像は
   大きくレベルダウンの証拠社写真です。

IMG_1429 (2)

IMG_1447 (2)

IMG_1468 (2)

IMG_1476 (2)

IMG_1505 (2)

IMG_1506 (3)

NSC_1570 (2)

NSC_1576 (2)

ヨタカ

* 5年ぶりに出会ったヨタカです。

DSC03153 (2)

DSC03156 (2)

IMG_1159 (2)

IMG_1344 (2)

IMG_1392 (2)

ヨーロッパトウネン

* 背中のV字型の白帯、嘴の長さ、初列風切りが尾羽より突出している等、ヨロネンの特徴を備えています。
   東播磨地区で観察されるのは極めて珍しい出来事だと思われます。


DSC08145 (2)

DSC08588 (2)

DSC08908 (2)

DSC09039 (2)

DSC09082 (2)

(ヨロネンと2羽のヒバリシギ)
DSC09520 (2)

DSC09931 (2)

DSC09970 (2)

NSC_0201 (2)

NSC_0212 (2)

ホウロクシギ

* ホウロクシギともう一羽はダイシャクシギ幼鳥の可能性ありとのことで撮影に行きましたが、結論的には
   二羽ともホウロクシギ(幼鳥)でした。

DSC00408 (2)

DSC00806 (2)

DSC00811 (2)

DSC00834 (2)

NSC_0500 (2)

NSC_0537 (2)

NSC_0550 (3)

NSC_0566 (2)

NSC_0369 (2)

ツバメチドリ

* ツバメチドリ若鳥のようです。この時期に見れたは初めてです。

DSC01375 (2)

DSC01391 (2)

DSC01400 (2)

DSC01512 (2)

DSC01551 (2)

NSC_6548 (2)

NSC_6549 (2)

NSC_6560 (2)

ハジロコチドリ

* ハジロコチドリ成鳥夏羽を初めて見れたのは超ラッキーでした。もしMさんが撮られていなければ、見る事ができ
   なかったので、Mさんの鋭い眼力に感謝です。有難うございました。
   (この個体は滞在1日で抜けてしまったようです。)

DSC01097 (2)

DSC01143 (2)

NSC_6344 (2)

NSC_6350 (2)

NSC_6366 (2)

NSC_6395 (2)

NSC_6399 (2)

NSC_6401 (2)

NSC_6417 (2)

NSC_6432 (2)

ハヤブサ

* 数日前に教えて頂いたハヤブサお気に入りの鉄塔、運良く一回目で見る事ができました。やはり地上からカメラを
  向けられているのが気になるのか、すぐに飛んでしまいました。


DSC09800 (2)

DSC09817 (2)

DSC09819 (2)

DSC09820 (2)

DSC09821 (2)

DSC09822 (2)

タカブシギ・クサシギ・イカルチドリ

* チョウゲンボウが撮影できたので、気を良くしてポイントを変えて田んぼ・池を廻ってシギチ類探し、イカルチドリ以外は
  事前に情報をもらっていたので、簡単に見つけることができました。
  (イカルチドリは二羽いましたが写真に撮れているのは一羽のみ)

NSC_5259 (2)

NSC_5269 (2)

NSC_5446 (2)

NSC_5448 (2)

NSC_5490 (2)

NSC_5492 (2)

NSC_5532 (2)

チョウゲンボウ

* 帰省中の孫たちが朝から出かけたので、久しぶりに周辺で探鳥、二か所でチョウゲンボウ4羽を見れました。
  4羽すべてが今年巣立った若鳥のようで、3羽は一か所に固まっていたので、同じ巣から巣立った兄弟のように
  思われます。

NSC_4845 (2)

NSC_4870 (2)

NSC_5058 (2)

NSC_5034 (2)

NSC_5024 (2)

NSC_4808 (2)

NSC_4810 (2)

NSC_5177 (2)

NSC_4807 (2)

ホトトギズ♀(赤色型)

* 珍しいホトトギス赤色型♀です。見た瞬間小さな個体だったので、ホトトギスだと直感しました。念の為 鳥くん の
  この鳥な~に 画像を張って鳥くん にも見てもらったらやはり ホトトギス との回答を頂きました。

DSC09327_00001.jpg

DSC09282_00001.jpg

DSC09307_00001.jpg

DSC09312_00001.jpg

DSC09319_00001.jpg

大賀ハス

* 今年は大賀ハスの現地訪問が遅くなり、半ばダメかなと思っていましたが、ほんの少しだけ咲き残っていてくれました。
   もちろん撮影する花の選択の余地なしの状態でした。残っていてくれただけでも良かったです。

。"NSC_3837

NSC_3846 (2)

NSC_3859 (2)

NSC_3872 (2)

NSC_3876 (2)

NSC_3881 (2)

NSC_3885 (2)

ヤマセミ

* デジスコは持参せずに、デジイチで撮影。いつものポイントに姿がないので半ばあきらめていましたが念のため
   帰り道で覗いた場所で姿が確認できてラッキーでした。

NSC_3651 (2)

NSC_3679 (2)

NSC_3699 (3)

NSC_3709 (2)

NSC_3715 (2)

NSC_3762 (2)

NSC_3800 (2)

NSC_3815 (2)
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

kohamat

Author:kohamat
(使用機材)
(Fieldscope)
2009/2月-2011/3月 Nikon ED82
2011/4月-     SWAROVSKI STM80HD
(カメラ)  
2009/ 2月-2010/3月  Nikon P5000
2010/ 4月-2011/1月  キャノン  PowerShotS90
2011/ 2月-7月     同   PowerShotS95
2011/ 8月-      同  同 S952台目
2012/10月-      同  同 S953台目  
(デジタル一眼) Nikon D300    
レンズ    シグマAPO150-500mm(F5-6.3)
2012/12月     Nikon 300mm(F4)
 同        TC-14EⅡ (1.4X) 
2013/11/28 Powershot S95 4台目
2014/3/17 Nikon   D7100
2014/8/12 Powershot S95 5台目
(9/12 落下水没で使用不能)
2014/9/14 Powershot S95 6台目
2015/10/28 Powershot S95 7台目 
2015/11/05 Sony RX100 1台目
2017/6/14 Nikon D500

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
来訪者